ハンドメイドも仕事になる?!

ハンドメイドも仕事になる

最近ハンドメイドを取り扱うネットショップが、増えていると思いませんか。

インスタグラムのストーリーにも、ハンドメイドの商品の広告は上がっていたのでつい見ちゃいました。ハンドメイドって、オリジナルなデザインが多いから特別感があって好きなんですよね。

まあ私の好みの話はいいんですけど、これも在宅ワークの一つではないか!と思いました。ハンドメイド作家さんは、自身で作った商品を売って収入を得ているわけですよ。

実は私小物づくりが趣味で、最近ピアス作りを始めたんです。

ピアスを作るだけなら、高価な材料費は必要ありません。需要もあるかと思うので、ハンドメイド作家になる方法についてまとめてみました。

▶まずはコンセプトを決める
何かを作って売りたいと思ったら、コンセプトを決めなくてはいけないようです。

人気の作家さんに共通しているのは、
・ターゲットは誰か
・どんな作風で行くのか
がしっかりと定まっている点。

私の場合だと、
ターゲット:20~30代向けの女性
商品:ピアス
作風:ナチチュラル、シンプル
と設定して作ってみることにしました。

私はアラサー女子なので、同年齢の女性に向けて作る方が消費者のニーズを捉えやすいのかなと。またナチュラルやシンプルなデザインは、どんなファッションにも合わせやすいので万人ウケするのではという狙いです。

▶どこで販売する?
どんな商品を作るかが決まったら、販売するところを選びましょう。最近では、ハンドメイド用のフリマアプリも多く誕生しています。

minne(ミンネ)やCreema(クリーマ)には、手作りの可愛い小物がたくさんありました。売る前に、買ってしまいそうです。

いろんなアプリやサイトを見れば、どんな作風の商品を取り扱っているのか、相場の値段はいくらなのかが分かります。自身の商品との差別化を図る上でも、人気の小物は要チェックです。

▶必要な材料を揃える
何を作るか、どこで売るかが決まったら、実際に制作開始!私は手作りピアスを作るために、材料を入手し始めました。

正直、材料費の予算はかなり悩みどころ。品質を考えれば、ある程度値段が高くても丈夫な素材を仕入れたい。でも赤字になっては意味がない。葛藤するポイントですね。

またビーズやピアスのキャッチはまとめ買いが安くなるので、どこで購入するのがお得になるのか調べました。

一つ一つどこで買うと良いのか吟味していると時間がかかりますが、商品や購入してもらう相手に対する愛情も湧いてくるので楽しくなりますね。

▶販売価格を設定する
商品を制作し終えたら、販売価格を設定しましょう。値段の決め方として、フリマアプリのほかの商品価格を参考にしました。

値段が高すぎると売れないかもしれないので、要注意です。ただ安いと売れやすい場合もありますが、利益にならないのなら意味がありませんよね。

高すぎず、安すぎずの価格を設定するのが大切みたいです。ただしもし商品が売れなった場合、値段の見直しが必要。少しだけ価格を下げて、様子をみてみました。

価格を下げると売れたので、利益を得るには材料費を見直す必要がありそうです。
う~ん、難しいところですね。安い材料で作ると、品が失われないか心配なんですよね。

まあでも、トライアンドエラーですね。