節約できる者こそ最後に笑う

節約について

収入が減ると何が怖いかって、貯金残高が減ることですよ。
突然すみません。コロナで出勤日数が減って、収入も減ったアラサー女子です。

最近は収入を増やそうと在宅ワークを始めて、その日々をこのブログに綴っています。

まあ収入を増やす方法が分かったので、私の中で安心感が少し生まれました。でもおかしいな、貯金できていないぞ。

そこで分かりました。何にお金を使っているか見直し、いらぬ出費を減らすのも大切なのではないかと。つまりは、節約術を身につけようって話なんです。

いや、私べつに浪費家ではないと思いますよ…たぶん。(ゴニョゴニョ)

というわけで、節約の方法についてまとめてみました。

▶節約するのは難しくない!
節約って無駄な電気使わない、外食はしない、っていう我慢大会みたいなイメージありませんか。私にはありました。まあ時には我慢も必要なんですけど、それじゃあ続かないんですよね。

手軽で簡単な節約術はないかしらと調べていると、ありました。それは、家賃の見直しによる節約です。

<月々の出費を減らせる節約術>
・スマホやインターネット回線の契約プランを見直す
もし初期の契約内容のままになっているなら、見直さなければいけません。利用頻度によっては、割高なサービス料を支払っている可能性があるからです。

自身の利用状況に合わせたプランを探して、出費を減らしましょう。

・生命保険の補償内容を確認する
生命保険は自分に万が一の事態が起こった場合、残された人のために入るものです。自身の家族構成に対して適切な保証なのか、見直す必要があります。例えばシングルの人なら、高額な補償はいりません。

・交際費を減らす
友人や知人と、月に何回も飲みに行っていませんか。たしかに飲み会の席に顔を出すと楽しい時間を過ごせて、ストレスの発散になるかもしれません。しかし限度は必要。交際費にあまりにもお金がかかっているなら、時々断っても良いのではないでしょうか。

・新聞は読まないなら解約する
新聞は取るものだと、思っていませんか。中身にしっかりと目を通しているのであれば問題ありませんが、読んでいないのであればお金の無駄です。ニュースはネットでも見れる時代なので、新聞にこだわらなくても良いのです。

▶節約が苦痛に感じる…楽しく続けるには
節約生活をスタートしてしばらくは続けられますが、だんだん嫌になって止めてしまう人がいるかもしれません。

モチベーションを維持するためには、楽しんでやるのが一番です。例えば、使わずに済んだ
分のお金は一つの銀行口座に貯めるようにします。目に見えて貯金が増えれば、「今月は〇円分無駄を省けた!」という喜びになるはず。

せっかく出費を減らしても、すぐに使ってしまっては手ごたえを感じられません。それではもったいないので、月々いくら分使わずに済んだのか貯めて確認できるようにしておきましょう。

日々続けていけばチリも積もれば形式で、貯金が増えるでしょう。これなら私でもトライできそうだな、と思ったのでいくつかやってみます。